ラクトフェリンの飲み方と飲むタイミング

ラクトフェリンは飲むタイミングがポイント

健康維持、免疫力アップ、美容、そしてダイエット、他にも歯周病予防や改善、神経系にも良い作用があることで注目されているラクトフェリンですが、摂るタイミングが大切になります。

 

ラクトフェリンの飲むタイミングとして理想は、食前の空腹時がオススメです。
また、夜寝る前もオススメのタイミングです。

 

ただ、毎日ラクトフェリンを飲むことを忘れてしまう。という人は、食後の習慣で飲まれるのもおすすめです。

 

飲むタイミング以上に大事なのが毎日継続してラクトフェリンを摂ることです。
細かいことを気にするより毎日継続して飲み続けれるようなタイミングで飲みましょう。

 

参考:ラクトフェリンのダイエット効果

 

飲むタイミングにはラクトフェリンの弱点が関係している

ラクトフェリンは、非常に熱と酸に弱い成分です。

 

熱に弱いことから、加熱処理された食べ物からラクトフェリンを摂ることは困難でし、料理で加熱するものに混ぜることもできません。

 

そのためラクトフェリンは、サプリメントや錠剤、粉末、ヨーグルトなどで摂るのが主流となっています。

 

しかしラクトフェリンは熱に弱いほかに酸にも弱いことから、胃酸で分解され腸まで成分が届きません。

 

そこで空腹時は、胃酸の分泌が盛んではないので、食前のタイミングでラクトフェリンを摂ると腸に届きやすくなるという理由から、ラクトフェリンは空腹時に摂ることをオススメします。

 

いつ飲んでも腸まで届くラクトフェリンがある

胃酸の影響を気にせず、いつでもラクトフェリンの成分をしっかり届けてくれるサプリメントが実は存在します。

 

それは、ホコニコのラクトフェリンです。
ホコニコのラクトフェリンは、耐酸性カプセルにより、胃酸で分解されずに腸まで届けてくれます。

 

ですから、ホコニコのラクトフェリンは、空腹時や食中と飲むタイミングを気にせずに、いつ、どのタイミングで飲んでも効果を十分に得られます。

 

>ホコニコのラクトフェリン 公式サイトを見てみる

 

ラクトフェリンの飲み方

ラクトフェリンの飲み方で一般的なのは、水で飲みましょう。
冷たい水が苦手な人は、ぬるま湯くらいでしたら問題はありません。

 

ただし、お湯や温かいお茶で飲むことは辞めましょう。

 

 

何度もいうように飲み方も大事ですが、毎日ラクトフェリンを飲み続けて、成分が常に体の中にあるようにすることが大事になります。

 

飲む回数

次にラクトフェリンの飲む回数についてです。

 

1日の摂取目安量があるので、購入したサプリに記載されている量を守りましょう。
また、その摂取目安量を1日1回まとめて飲んでもいいですし、数回に分けて飲んでもいいです。
飲み方に決まりはありません。

 

しかし1点、守るべきことがあります。
それは、1回飲んだら、次に飲むまでを24時間以内にするということです。

 

例えば、今日は朝7時に飲むとします。

 

次は、遅くても翌朝の7時には飲むようにしてください。

 

1日2回飲む場合は、例えば朝7時と夜7時に飲んだ場合、次は遅くても翌日の夜7時には飲むようにするというように、24時間以上は間隔を空けないことがポイントです。

 

ラクトフェリンの作用は24時間持続と言われているので、切らさないように気を付けてください。

 

ホコニコのラクトフェリンでしたら、耐酸性カプセルの使用により、胃酸で分解される心配がないので、食事の時間や空腹のタイミングなど気にしないで、自分で決めた時間に自由に飲むことができるというメリットもあります。

 

毎日続ける

ラクトフェリンの効果が持続するのは24時間ですので、毎日継続することがとても大切になります。

 

毎日続けるためには、飲みやすさとコスパも需要なポイントになるかもしれません。

 

ホコニコのラクトフェリンは、本気で取り組む方へ、お得な割引価格の定期コースがあります。
ラクトフェリンは無臭無味なので、飲みにくさという心配はないと思います。

 

カプセル型なので、少し飲みにくい部分はありますが、安く飲み始めれるラクトフェリンサプリはホコニコが1番です。

 

初回1780円で買えます。

 

ホコニコのラクトフェリンで、健康維持に免疫力アップに美容にダイエットに、その他多くの効果を得るために、是非継続して摂取してください。



ホコニコのラクトフェリン<初回限定1980円 送料無料>